〒152-0003

東京都目黒区碑文谷2-10-27
TEL :03-3711-5741
FAX :03-3711-3322

その他の装置

日本文化精工は、各種印刷機をお客様の用途、仕様に合わせて設計・製作してきました。
印刷機で蓄積されたハンドリング・位置決め・搬送技術を活かし、印刷機以外の装置も
製作しています。
印刷機、印刷関連機械、その他特殊装置についてもお問合せ下さい。

シリコンウェハセパレーター(結晶系太陽電池向け)

シリコンインゴットからワイヤーソーでスライスされたウェハを水中から1枚1枚分離して、
仕上げ洗浄用のカセットに挿入する自動機です。
年々ウェハのスライス寸法は薄くなっていますが、本機ではウェハにストレスを与えることなく
高速で分離することができます。(2013年11月8日 特許取得)

セパレーター

Rベルト・垂直ベルト

<概略仕様>
ワーク寸法:□125mm、□156mm
処理能力 :4000枚/hr (MAX)

水平ベルト

カセット

動画ではウェハで満杯になったカセットは人手で交換していますが、 自動的に仕上げ洗浄機へ受け渡す機構も製作可能です。

太陽電池ウェハ・電極印刷後セル

太陽電池印刷ライン

日本文化精工では結晶系太陽電池の
電極印刷機も製作しています。
太陽電池の印刷ラインは、
セルの投入→印刷→乾燥→印刷→乾燥→
印刷→乾燥→焼成まで、
長さ40m以上のインライン装置です。

帯電防止液塗布機

シール、ラベル等に使われる樹脂フィルムは、静電気を帯びやすいメディアです。
本装置は樹脂ローラーを用いて印刷前、自動検査前にメディアへ帯電防止液を
均一に薄く塗布する装置で、その効果が認められています。

帯電防止液塗布機

帯電防止液塗布機 紙揃付

<概略仕様>
ワーク寸法:その都度、設計で対応
処理能力 :1000枚/hr (手供給)

製版用焼付機(真空密着プリンター)

日本文化精工は、印刷には欠かせない各種製版用密着プリンターを作ってきました。
現在はCTP(Computer to Plate)の時代となり、需要は少なくなりましたが、
スクリーン製版や特殊サイズの製版等には、必要とされる装置です。

NPT-483 真空焼付機

NPT-475 超大型焼付機

<概略仕様>
焼付寸法:600×500mm (NPT-483)
焼付寸法:2500×1200mm (NPT-475)

バッチ式検査装置

NPTは光ディスクのバーコードや、刻印検査、読取面傷検査を高速で処理する
バッチ式検査機を製作します。
また、紙メディア、フィルムメディア用枚葉印刷機の検査装置のハンドリング、搬送部も製作します。

DVD用刻印・傷検査装置

バッチ式傷検査装置

<概略仕様>
ワーク寸法:φ120mm
処理能力 :2400枚/hr

実験用卓上ラビング装置

本装置はガラス上の配光膜を条件を変えてラビングテストが出来る卓上型の小型試験機です。

卓上ラビング装置 (正面)

卓上ラビング装置 (横面)

<概略仕様>
装置寸法 :490×410×380 (本体)
ラビングローラ回転数
     :1200rpm (MAX)
ローラ押込み量 :10μm単位
吸着ステージ  :50×50mm
ステージ移動速度:10~200mm/sec
ステージ確度  :可変 (手動)

卓上ラビング装置

卓上ラビング装置

作業机の上に載せられるコンパクトな実験用ラビング装置です。
回転数、押込み量、ステージ移動速度はデジタルで設定ができます。

自動ディスペンサー塗布機

ディスペンサーは導電ペースト、接着剤、機能性インキの塗布に多岐にわたり使われていますが、
本機はLCDパネルとFPC(Flexible printed circuits)の接合部の補強と、防湿目的で
UV接着剤を塗布するための装置です。

ディスペンサー装置全景

ディスペンサー部

<概略仕様>
ワーク寸法:仕様・用途に合わせ設計
処理能力 :仕様・用途に合わせ設計