〒152-0003

東京都目黒区碑文谷2-10-27
TEL :03-3711-5741
FAX :03-3711-3322

印 刷 教 室

スクリーン印刷

ナイロン、テトロン、ステンレス等の織物(スクリーン)にレジストでパターンを形成し、 インキをスクリーンの開口部から押し出し印刷する方式です。
この方式は被印刷物の形状にあまりとらわれず印刷出来るため、非常に利用範囲が広い印刷方式です。
スクリーンからインキを押し出す方式のため、他の印刷方式に比較し、 インキの肉盛りが格段に厚くボリューム感のある印刷が出来ます。
通常のインキ以外にクリームハンダ、カーボン、接着剤、可食インキ等機能性インキの印刷に使用されます。
又、印刷サイズも非常に大きなものまで可能です。

<トップへ戻る>

円筒スクリーン印刷

スクリーン印刷はフラットな製品だけでなく、化粧瓶、ペットボトル、電子部品、 金属やガラス製のスリーブのような円筒形の製品にも色々使われています。

インキも加飾用インキだけでなく、導電ペーストやメッキ/エッチングマスク用の機能性インキ等、幅広い使い道があります。
最小径は約φ2mmまで印刷可能です。

<トップへ戻る>

ロータリー・スクリーン印刷

アニメーションのように筒状の版の中にスキージを組込み、版を回転させながら印刷する方式です。
版離れが良いので厚盛印刷に適しています。
また、ロール to ロールの連続印刷にも適しています。ただし、版の強度がないので、その用途はある程度限られます。

<トップへ戻る>

凸版印刷

版の形状が凸形になっているため凸版印刷と呼ばれています。
凸部に形成されたパターンにインキを載せ、被印刷物にそのインキを印刷する方法で、 更に直刷り(ダイレクト印刷)と転写(凸版オフセット)方式に分けられます。

凸版直刷:スタンプ方式

版材にはゴム又は樹脂版を使用し、版を直接ワークにスタンプして印刷します。
凹んだ形状の底部や、狭い場所にも印刷できます。
直刷なので、微細な文字印刷にも使われます。

<トップへ戻る>

凸版直刷・ワーク移動方式

長い間新聞や書籍、辞書等の大量高速印刷に使われていた方式で、直刷なのでオフセットに比べ、力強い印刷が特長です。
工業・産業用途では、輸液バッグのようなフラットなワークに使用されています。

<トップへ戻る>

凸版オフセット方式

インキを凸版からゴムローラー(転写ローラー)に転写してから印刷するので、 ワークに多少の凹凸があっても印刷でき、多色印刷も可能です。

凸版オフセット・スタンプ方式

印刷台に固定されたワークの上からゴムローラーで印刷する方式です。
テーピングされた電子部品へのマーキングに最適です。

<トップへ戻る>

凸版オフセット・ワーク移動方式

インキを一度ゴムローラー等に転写してから印刷するので、更に応用範囲が広く多色印刷も可能です。
成形品や金属ケースなど、単品ワークに高速で印刷する方式です。
印刷ヘッドの構造がシンプルなので、ワークの上面、側面、下面に印刷することも可能です。

<トップへ戻る>

凸版オフセット・多色印刷方式

転写ローラーに複数のパターンを転写させ、一度に印刷する方式です。
左のアニメーションのように、円筒状のワークの周囲へ一度に多色印刷をしたり、 ワーク移動方式でケース状ワークに高速で多色印刷したりする事が可能です。

<トップへ戻る>

凹版印刷(グラビア印刷)

凸版印刷とは逆に、版の凹部にインキをつめ、パターンを形成して印刷する方法で、 一般にはグラビア印刷と呼ばれています。
この方法もダイレクト印刷と転写(凹版オフセット)方式に分けられます。

グラビア直刷

食品の包装フィルム等にカラフルな印刷をしている方式で、 フィルム等に密着性の高いインキが使える上、高速印刷が可能です。

<トップへ戻る>

グラビアオフセット

この方式はインキを一度ゴムローラーやブランケットに転写してから印刷するので、 被印刷面が硬いものや、被印刷物の形状がフラットでない物にも印刷が可能で、応用範囲が広がります。
版の深さを変えることにより凸版印刷、平版印刷よりも肉厚のある印刷が出来ます。
プリンテッド(プリンティング)エレクトロニクス分野で、 フォトリソ法に替わる方法として注目されているグラビアオフセット印刷機は、この原理を使っています。

<トップへ戻る>

タコ(パッド)印刷

タコ印刷は日本文化精工だけが使っている名前で、一般にはパッド、タンポ印刷と呼ばれている方式です。
明治時代にスイスから腕時計の文字盤印刷用として伝わった技術で、当時はゼラチン製のパッドが使われていました。
1960年代にシリコンゴム製のパッドが使われるようになり、一気に工業・産業用ワークに使われ始めました。
シリコンゴムの弾力性を利用し、アニメーションのように凹凸の激しいものにも印刷が可能です。
また、グラビアオフセットと同様に、ファインパターン印刷も可能な方法です。

<トップへ戻る>

オフセット印刷:水無し平版

水と油の反撥性を利用したオフセット印刷が、長い間オフセット印刷の主流でした。
特殊印刷の分野では、水を使用しない水無し平版によるオフセット印刷をお勧めします。

この方式の版は版面にシリコン層があり、パターン部はシリコン層を取り去り、その部分にインキをつけ印刷する方法です。
水を使用しないため、印刷の専門家でなくても高品質の印刷が可能となりました。
工業・産業用途のプロセス印刷には、この方法が最適です。

<トップへ戻る>