〒152-0003

東京都目黒区碑文谷2-10-27
TEL :03-3711-5741
FAX :03-3711-3322

凸 版 印 刷 機

日本文化精工は電子部品や、輸液バッグ、採血管、電線、巻尺
等々の、工業製品に使うお客様の仕様に合わせた凸版方式の
専用印刷機を製作してきました。
工業製品用途の凸版印刷の汎用機は無いので、用途に応じて
設計・製作します。

凸版印刷機はアニメーションのように、ゴム、樹脂、金属の凸版を使って印刷する
方式で、電子部品を始めとする工業製品用で高速を要求される印刷に適しています。
凸版印刷機にはオフセット方式と直刷方式の2種類があり、用途によって
使い分けます。

特長:
 ① 平面・曲面・立体物への印刷や、単色・多色印刷など、応用範囲が広い
 ② 高速
 ③ 版代が安価

★電子部品用マーキングマシン★

日本文化精工は1969年に凸版印刷方式の電子部品業界向けマーキングマシン(捺印機)1号機を出荷しました。
テレビを始めとする家電製品の普及を機に、電子部品の種類や数量も飛躍的に増大しました。
日本文化精工は1970年に発表されたUVインキをいち早く工業用途に取り入れ、電子部品の生産性向上に大きく評価されました。
その後、軽薄短小化する電子部品に合わせた特注機を数十種類以上作り続けてきました。
上記のアニメーションのような動作で、多少凹凸のある電子部品へも、きれいにマーキングできる単純な装置です。

NPT-115シリーズ(テーピングワーク用)

インキ練ローラー3本と、転写ローラー1本だけの単純な装置が、NPTの電子部品用マーキングマシンの原点です。
NPT-115とNPT-453 UV1kwの組合わせで、日本中の電子部品メーカーで使われてきました。

本機はゴム製のインキローラー2本、金属製スイングローラー、ゴム製の転写ローラー、 マグネットバー付版台及びワーク台で構成されています。 印刷方式は凸版オフセット方式で、主にスチールベース付の樹脂凸版を使用します。
1) インキをローラー①に少量つけると、
2) スイングローラー②と着肉ローラー③で良く練られます。
3) 着肉ローラー③から④の版台上の樹脂凸版に付いたインキ
  は、転写ローラー⑤に転移します。
4) ⑤のインキの転移した部分は、位置決めカムにより、
  ワーク台⑥の被印刷物の上で停止しますので、
5) ワークを⑥の上に載せ、スイッチを押すと版台が上昇し、
  マーキングされます。

NPT-115A (300mm幅)

NPT-115B (600mm幅)

<概略仕様>
ワーク寸法:300mm、600mm
処理能力 :1000 shot/hr

NPT-119 組込み型マーキングマシン

NPT-119の構造はNPT-115と同様で、お客様の設計した生産ラインに組み込めるタイプのマーキング機です。
NPT-457 UV照射機とセットで組込むことにより、全自動ラインにすることができます。

NPT-119 組込み型マーキング

リール to リール機への組込み例

<概略仕様>
ワーク寸法:300~600mm
処理能力 :ライン速度次第

NPT-176 リードフレーム付部品自動マーキングマシン

NPT-119とNPT-457を組み込んだ自動マーキング装置です。
300~600mm幅のテーピングされたワーク、又はリードフレームタイプの電子部品の
供給 → 印刷 → UV乾燥 → 収納を自動で行う装置です。

NPT176 全自動捺印機

NPT-176 印刷機構

<概略仕様>
ワーク寸法:300~600mm
処理能力 :1200~2400 shot/hr

ゴムローラーをワークに押し付けて印刷
するので、ワークに多少の凹凸があって
も鮮明にマーキングされます。

NPT-171 凸オフ印刷ヘッド

NPT-171は印字(マーキング)面積の小さな部品に使用する凸オフヘッドです。凸版オフセット方式の
特長を活かした2色、4色ヘッドもあります。
連続搬送ライン、間欠搬送ラインにNPT-457を組合わせて組込めば、全自動ラインにすることができます。
このヘッドは上面印刷、側面印刷、下面印刷など、被印刷物に合わせて設置方向を自由に選べる便利な
マーキングヘッドです。

NPT-171

NPT-171 1色ヘッド

<概略仕様>
転写(印刷)ローラー幅:20~80mm
処理能力 :600~2400 shot/hr

NPT-171 2色ヘッド

NPT-171 4色ヘッド

リレー部品のようなケース型部品に、
型式や、ロット番号、ロゴマークを印刷
するのに使われます。
ヘッドの設置方向は自由なので、1台の
機械でワークの上面、両側面の3面に
印刷することもできます。

2色~4色ヘッドは一度に2色~4色の表示の印刷ができます。

NPT-171 上面・側面の2面同時

アニロックス式組込みヘッド

アニロックス式ヘッドは、ローラーの本数が少ないので、メンテナンスや色交換が容易な方式です。

<トップへ戻る>

NPT-170 ピン送りマーキングマシン

NPT-170は、NPT-171をワーク搬送ラインに組込んだ高速マーキング装置です。
ケース型ワークの上・側面の両面同時印刷など、NPT-171の組込み方により自在に使いこなせます。

アニメーションのように連続で送られてくるワークに
高速でマーキング出来ます。

NPT-170 上・側面印刷機

ケース型ワーク(リレー部品他)

<概略仕様>
ワーク寸法:任意
処理能力 :1200~3600ヶ/hr

NPT-170 上面・両側面印刷機

NPT-170 プレヒート付印刷機

電子部品の捺印面には色々な素材が使われています。 UVインキの強度をあげるため、印刷前にはコロナ処理をして表面改質をしたり、 UV硬化前にプレヒートを行い密着性をあげたりします。

NPT-170 3面同時印刷ヘッド部

NPT-170 卓上型印刷機

NPT-178 リール to リール マーキングマシン

NPT-119とNPT-457を組み込んだ、長尺テーピングワーク用のリールtoリール式マーキング装置です。
テーピングされたワークは間欠送りされ、一定長さずつ印刷されます。

NPT-178 リールtoリール

NPT-178 リールtoリール

<概略仕様>
ワーク寸法:仕様に合わせて設計
処理能力 :仕様に合わせて設計

NPT-178 リール to リール

ゴミ取りローラー+転写ローラー

日本文化精工は、
リール to リール搬送装置に
IJP(インクジェット)水無しタコ
スクリーン印刷など、最も仕様に合った
捺印ヘッドを組込むことができます。


凸オフ式 円筒印刷機

凸版オフセット方式の円筒用の印刷装置です。

印刷機全景

印刷ヘッド部

<概略仕様>
ワーク寸法:仕様に合わせて設計
処理能力 :仕様に合わせて設計

インキ供給ユニットは、アニロックス
ロールを使用し、常時均一なインキを
供給します。
アニロックスロール・紙ロール、
一般ロール、転写ロールのシンプルな
組合せのメンテナンスフリーの印刷機
です。

アニロックスロールユニット

自動印刷機

アニロックスロールを色数分だけ用意
しておけば、刷り色の変更も簡単に
できます。

UVインキを使用しているので、
小スペースで全自動化が出来ます。

凸オフ式 カラーバー印刷機

本装置はゴムローラーの弾力性を利用して、細いファイバーの外周360度へカラーバーを
印刷する装置です。

印刷機全景

印刷ヘッド

<概略仕様>
ワーク寸法:仕様に合わせて設計
処理能力 :仕様に合わせて設計

構造は動画のように黄・赤・青の
ローラー(6本)で構成され、
3色の組合せと桁数を任意に設定できる
バリアブル印刷機です。

印刷ヘッド部(拡大)

ファイバーへの印刷

UVインキを使用しているので、
メンテナンスをほとんど必要としない
扱いやすいコンパクトな装置です。

日本文化精工は、このような特殊
オーダーの印刷機を設計・製作します。

電線印刷機

電線への印刷

UVインキを使っているので、前工程
から送られてきた電線に樹脂凸版を
使い、高精細な印刷がオフセット印刷で
高速処理できます。

★凸版直刷印刷★

NPT-174 精密凸直マーキングマシン

凸版直刷印刷方式は、凸版(樹脂凸版、ゴム凸版)を、アニメーションのように、直接被印刷物に押し付けてマーキングする方式の印刷ヘッドです。

凸オフヘッドでは印刷の出来ない場所(垂直に凹んでいる場所の底面)に印刷できることと、 版から直接印刷するので、凸オフよりも鮮明な印刷ができるなどの特長があります。

治具に整列されたチップ部品(400~500ヶ)を樹脂凸版で一度にマーキングできる凸直印刷機。
タコ(パッド)印刷よりも更に小さな部品にも鮮明なマーキングが可能です。

NPT-174 チップ部品印刷機

NPT-174 マスク+治具拡大写真

<概略仕様>
ワーク寸法:任意
処理能力 :600 shot/hr

NPT-174 チップサンプル

NPT-174 チップサンプル (拡大)

チップ部品にはパッド印刷方式でも印刷が可能ですが、 シリコンパッドの粘着力で部品の治具からの脱落を防ぐため マスクが必要になります。
凸版印刷方式はマスクが印刷面積に影響されにくいので、 2.0×1.25mmのような部品にもマーキング出来ます。


NPT-174 卓上型半自動凸直

NPT-174 組込み例

NPT-174は、NPT-171と同様に印刷方向も上面・側面・下面印刷も自由にできます。


ナンバーリング印刷機

日本文化精工は、高速で連続番号を印刷するナンバーリング機や、欠番が発生した場合の補刷機も
仕様に合わせて製作します。

ナンバーリング組込み

ナンバーリング用着肉ローラー

ナンバーリングも機械式のものと電子制御式もあるので、 登録した番号を高速で印字することができます。


巻尺印刷機

日本文化精工は、過去に凸版直印方式で印刷する巻尺印刷機を製作しました。
5.5m用の短尺印刷機と、ナンバーリングを組込んだ50m用の長尺印刷機の2種類があります。
現在はUV/IJP(インクジェット)方式の巻尺印刷機を開発中です。

短尺用

長尺用

印刷速度:20m/min
樹脂凸版で直接スチール、または布製、
樹脂製の巻尺に目盛り(黒・赤)を
印刷する巻尺専用印刷機です。


巻尺(短尺) 長城精工(有)製

巻尺(長尺) 長城精工(有)製

日本文化精工は1988~1994年の10年
間、中国浙江省余姚市で巻尺製造の
合弁会社(長城精工有限公司)に参画
しました。

★特注UV塗工機(UVコーター)★

UV樹脂は印刷インキや、接着剤等の用途として広く使われて
いますが、日本文化精工では、UV樹脂の持っている
機能を活かした特注コーターを、
お客様のニーズに合わせ設計・製作します。

スプレー塗装に替わる成型品への部分塗装

ホンダシビック
(昭和51年モデル)

フロントグリル

昭和51年当時のホンダシビックの
フロントグリルの外周ラインは、
銀色UVインキのローラー印刷で
できています。

フロントグリル用特注コーター

コート用ローラー部

塗装面は平らでなく複雑な形状
をした成形品ですが、簡単なマスクを
置き、太い転写ローラーに圧力を
かけながら回転させ、必要な箇所だけに
インキを塗布します。

上:コート前
下:コート後

UV乾燥機

この方法にする前は精密なマスクを
ワークにセットし、スプレー塗装
→熱乾燥で仕上げていました。
スプレー塗装の場合は、70~80%の
塗料は無駄になり、溶剤による環境
への問題もありました。
UVインキとローラー印刷の組合せに
したことにより、塗料の大幅削減、
環境の改善、省スペース、省電力、
生産速度向上により、大変喜ばれました。

ブレーキドラムへの防錆コート

コート後のブレーキドラム

コート部

自動車のディスクブレーキに防錆目的で
透明や黒のUV樹脂を塗る装置です。

寸法や形状の違うディスクブレーキを
センサーで検知して2本のローラーで
回転させながら塗工し、UVランプ
で乾燥させます。

防錆コート

印刷ヘッド部とUV入口

タイヤホイールの軽量化や、デザインが
お洒落になったため、今までは目に
ふれる事が無かったディスクブレーキ
が、見えるようになってきました。

新車の商品価値を損なわないための
防錆処理装置です。

粘着テープ端面塗工機

テープ各種

タケノコ状になったテープ

セロテープの端面に透明UVインキを
ローラーでコート(塗布)する装置
です。

端面コートをしなかった時代のセロ
テープは、夏場になると糊がテープの間
から滲み出してきて手にくっついたり、
タケノコ状に変形してしまいました。

層間紙(合紙)

両面同時コート機

また、テープどうしがくっついてしまう
のを防ぐため、テープとテープの間に
層間紙(合紙)を入れて出荷しなければ
なりませんでした。

インキ供給+練ローラー群

セロテープは中心部分を通過する

UVコートをすることにより、これらの
不具合を解消でき、コストダウンと
商品イメージが向上しました。
均一に薄く塗布するため、何本もの
ローラーでインキを練る構造になって
います。

反転機構付粘剤テープ塗布機

印刷ヘッド+UV入口

工業用の粘着テープや両面テープは
糊の量が多い上、テープの直径も
大きいので、
印刷・UV乾燥 →反転 →印刷・UV乾燥
の構造になっています。

反転機構

インキ供給部

インキの使用量も大きいので、インキ
補給にはチューブポンプを使います。